お椀の笹浦の漆器は、お椀作家 笹浦裕一朗が木の削りから漆の塗りまでを一貫した手作業で行っています。

自然に対し心を寄せ、頂くことへの想いを形に出来ればと思います。