カラふる

web取材、カラふるに載せて頂きました。
「仕事は今を生きる」とまとめて下さった言葉が、新鮮でした。