81歳になる武りん子先生はエネルギーにみちていました。日本料理、郷土料理がいままで続いてきた裏づけを語って下さいました。全て理由があるんですね。預かった体を思いやるために。