木のこと

私のお椀は、主に栃の木、水目桜、欅を使っています。産地は、飛騨高山です。一品もの、形の特殊なものなどは、様々な種類の木を使ったりもしますので、岐阜の関ヶ原にある木材所に直接買いに行きます。山から木を伐るときもあります。お椀など沢山の数が必要な時は、研修所時代からお世話になる白鷺木工所に原木と製材をお願いしています。木を植えたり木を伐ったり自分で出来るのが理想ですが、今はまだそこまで出来ていません。

 

轆轤(ろくろ)のこと

私の使う轆轤は、日本の伝統を受け継ぐ和式轆轤です。加賀市山中温泉の木地師(挽き物職人)から学びました。刃物から火を起こして作ります。何種類もの刃物を使い分けて仕上げていきます。今は旋盤加工やコンピューターで出来上がってしまうお椀ですが、人の手の力を信じて一つ一つ手作業でお椀を挽いています。